ParallelsのCoherenceモードとは?

この記事では、Parallels DesktopのCoherenceモードについて解説していきます。

Parallels完全無料のトライアル版があるので、リスクフリーでお試しできます。

また、Parallelsは、その時々で割引キャンペーンも行っています。Parallelsの最新割引情報は、以下の公式サイトからご確認くださいね。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

目次

Parallels DesktopのCoherenceモードとは?

Parallels DesktopのCoherenceとは、Mac上でWindowsのアプリケーションをMacのアプリケーションのように使えるようにするための表示モードです。

Coherenceモードでは、WindowsとMacのアプリケーションを同時に使用することができ、2つのデスクトップを管理したり、再起動したりする必要がありません。Windowsアプリケーションは、Mac Dockまたは Mac デスクトップから直接読み込むこともできます。

このモードでは、MacメニューバーのParallelsアイコンとDockのWindowsアプリケーションフォルダを除き、すべてのParallels Desktopコントロール、アイコン、およびメニューが非表示になります。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

Coherenceモードの使い方

Coherenceモードへ切り替える方法

仮想マシンを起動する

インストールが完了したら、Macメニューバーの Parallels Desktopアイコンをクリックし、[コントロールセンター]を選択します。

仮想マシンを起動します。

Coherenceモードのアイコンをクリックする

ウィンドウ左上にあるCoherenceモードのアイコンをクリックします。

Coherenceモードアイコンをクリックすると、Windowsのウィンドウが消えて、Coherenceモードへ切り替え中の画面が表示されます。

数秒経つと、この画面が消えてCoherenceモードになります。一見するとWindowsの画面が消えただけで何も変わってないのですが、Dock上のWindowsアイコンをクリックするとWindowsのスタートメニューが開きます。

macOS上でWindowsのスタートメニューが開いているという不思議な感じです。この状態でInternet Explorer 11を開いてみます。

macOSのアプリケーションであるかの如くIEを開くことができました。

macOS上にWindowsタスクバーを表示する方法

更にmacOS上にWindowsタスクバーを表示させる事もできます。

Parallels アイコンをクリックし、[表示]を選択する

Parallels アイコンをクリックし、[表示]を選択します。

[window タスクバーを表示する]を選択する

[表示]をクリックし、[window タスクバーを表示する]を選択します。

[window タスクバーを表示する]を選択すると、Windowsのタスクバーが表示されるようになりました。

Coherenceモードの終了・解除方法

Parallels アイコンをクリックし、[表示]を選択する

Parallels アイコンをクリックし、[表示]を選択します。

[表示]をクリックし、[Coherenceの終了]を選択する

[表示]をクリックし、[Coherenceの終了]を選択します。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

 

まとめ

この記事では、Parallels DesktopのCoherenceモードについて解説しました。

Parallels完全無料のトライアル版があるので、リスクフリーでお試しできます。

また、Parallelsは、その時々で割引キャンペーンも行っています。Parallelsの最新割引情報は、以下の公式サイトからご確認くださいね。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

よかったらシェアしてね!
目次