ParallelsをTime Machineでバックアップする方法

  • URLをコピーしました!

この記事では、Parallels Desktopの仮想マシンをTime Machineでバックアップする方法について解説していきます。

Parallels完全無料のトライアル版があるので、リスクフリーでお試しできます。

また、Parallelsは、その時々で割引キャンペーンも行っています。Parallelsの最新割引情報は、以下の公式サイトからご確認くださいね。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

目次

Parallels Desktopの仮想マシンをTime Machineでバックアップする方法

ステップ1:Parallels Desktopアプリケーションを起動する

Macメニューバーの Parallelsアイコンをクリックし、[コントロールセンター]を選択します。

Parallels Desktop コントロールセンターが表示されます。

ステップ2:[歯車]アイコンをクリックする

インストールされている仮想マシンはここに表示されます。

起動すると、コントロールセンターが表示されます。バックアップしたい仮想マシンの[歯車]アイコンをクリックします。

ステップ3:[バックアップ]をクリックする

設定画面が表示されるので上部の[バックアップ]をクリックします。

[Time Machineを使用してバックアップしないでください]のデフォルトでは、Time MachineはmacOSファイルと一緒に仮想マシンを自動的にバックアップします。

仮想マシンを別の方法でバックアップし、Time Machine のバックアップから除外したい場合は、このオプションを選択します。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

まとめ

この記事では、Parallels Desktopの仮想マシンをTime Machineでバックアップする方法について解説しました。

Parallels完全無料のトライアル版があるので、リスクフリーでお試しできます。

また、Parallelsは、その時々で割引キャンペーンも行っています。Parallelsの最新割引情報は、以下の公式サイトからご確認くださいね。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる