Parallels Desktopハードディスクの容量を変更する方法

  • URLをコピーしました!

この記事では、Parallels Desktopハードディスクの容量を変更する方法について解説していきます。

Parallels完全無料のトライアル版があるので、リスクフリーでお試しできます。

また、Parallelsは、その時々で割引キャンペーンも行っています。Parallelsの最新割引情報は、以下の公式サイトからご確認くださいね。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

目次

Parallels Desktopハードディスクの容量を変更する方法

ステップ1:Parallels Desktopアプリケーションを起動する

Macメニューバーの Parallelsアイコンをクリックし、[コントロールセンター]を選択します。

Parallels Desktop コントロールセンターが表示されます。

ステップ2:[歯車]アイコンをクリックする

インストールされている仮想マシンはここに表示されます。

起動すると、コントロールセンターが表示されます。ハードディスクの容量を変更したい仮想マシンの[歯車]アイコンをクリックします。

ステップ3:[ハードウェア]をクリックする

設定画面が表示されるので上部の[ハードウェア]をクリックします。

ステップ4:左下の[錠前]アイコンをクリックする

左下の[錠前]アイコンをクリックします。

ステップ5:[OK]をクリックする

表示されたポップアップウィンドウに[パスワード]を入力し、[OK]をクリックします。

ステップ6:[ハードディスク1]をクリックする

[ハードディスク1]をクリックします。

ステップ7:[編集]をクリックする

[ハードディスク1]をクリックし、[編集]をクリックします。

ステップ8:[ハードディスクの容量]をお好みのサイズに変更する

[サイズ]で好きな容量に拡張します。

[ファイルシステムのサイズ変更]にチェックが入っていると、Windowsを起動したときCドライブのファイルシステムが自動的に拡張され、手間がかかりません。[適用]を押してしばらくまてば完了です!

仮想マシンが動作中で、スナップショットがあるか Boot Camp パーティションをハードディスクとして使用している場合には、仮想ハードディスクのサイズは変更できません。

ステップ9:左下の[錠前]アイコンをクリックする

 

ハードディスク容量に変更後、[錠前]アイコンをクリックしてください。

ここで、ハードディスクの容量変更は完了です。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

まとめ

この記事では、Parallels Desktopハードディスクの容量を変更する方法について解説しました。

Parallels完全無料のトライアル版があるので、リスクフリーでお試しできます。

また、Parallelsは、その時々で割引キャンペーンも行っています。Parallelsの最新割引情報は、以下の公式サイトからご確認くださいね。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる