OVAファイルをVMXファイルに変換してParallelsで使う方法まとめ

この記事では、OVAファイルをParallels Desktopで使用するためにVMXファイルに変換する方法について解説していきます。

Parallels完全無料のトライアル版があるので、リスクフリーでお試しできます。

また、Parallelsは、その時々で割引キャンペーンも行っています。Parallelsの最新割引情報は、以下の公式サイトからご確認くださいね。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

目次

OVAファイルをParallelsで使用するためにVMXファイルに変換する方法

(.ova)はいくつかのファイルがまとめられたアーカイブファイルです。

通常の場合、OVAファイルには、説明ファイル(.ovf)、マニフェストファイル(.mf)、および仮想マシンディスクファイル(.vhd または .vmdk)が含まれています。

現在、Parallels Desktop では ova/ovf からの直接変換はサポートされていません。

以下の手順で、OVA ファイルを Parallels で使用するための VMX ファイルに変換できます。

VMWare公式サイトよりovftoolをダウンロードし、パソコンにインストールする

まずは、VMWare公式サイトよりovftoolをダウンロードし、パソコンにインストールしましょう。

VMWare公式サイトにアクセスし、[リソース]をクリックする

VMWare公式サイトにアクセスし、[リソース]をクリックします。

[リソース]をクリックし、[Open Virtualization Format Tool]を選択する

[リソース]をクリックし、[Open Virtualization Format Tool]を選択します。

[ダウンロード]をクリックする

ダウンロードしたファイルを実行し、パソコンにインストールしてください。

ターミナルを起動し、コマンドを実行する

[ユーティリティ]を選択する

Finderを起動し、[アプリケーション]から[ユーティリティ]を選択します。

[ターミナル]をダブルクリックする

[ターミナル]をダブルクリックして、ツールを起動します。

コマンドを実行する

ターミナル(/Finder/Applications/Utilities/Terminal.app)を起動し、コマンドを実行します。

以下のコマンドを入力してください。

/Applications/VMware\ OVF\ Tool/ovftool --lax VM_NAME.ova exploit.vmx

[VM_NAME.ova]ではなく、[.ova]ファイルへの正確なパスを指定する必要があります。

・・・lax/path-to-vm・・・の間にはスペースが必要です。

仮想マシンから以前のツール(古いParallels ToolsやVMwareツールなど)を削除したことを確認する

仮想マシンから以前のツール(古いParallels ToolsやVMwareツールなど)を削除したことを確認してください。

仮想マシンを完全にシャットダウンする

仮想マシンを完全にシャットダウンします。仮想マシンをサスペンドしたり、ハイバネートモードにしたりしないでください。

[ファイル]>[開く]の順に選択する

Parallels Desktop(アプリケーションフォルダ内)を開き、[ファイル]>[開く]の順に選択します。

[開く]をクリックする

インポートする .vmx ファイルを選択し、[開く]をクリックします。

これで、.vmx ファイルを開いて Parallels Desktop 仮想マシン(.pvm)に変換することができました。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

まとめ

この記事では、OVAファイルをParallels Desktopで使用するためにVMXファイルに変換する方法について解説しました。

Parallels完全無料のトライアル版があるので、リスクフリーでお試しできます。

また、Parallelsは、その時々で割引キャンペーンも行っています。Parallelsの最新割引情報は、以下の公式サイトからご確認くださいね。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

よかったらシェアしてね!
目次