Parallels Desktop上のWindowsをUS配列キーボードで使う方法

この記事では、Parallels Desktop上のWindowsをUS配列キーボードで使う方法について解説していきます。

Parallels完全無料のトライアル版があるので、リスクフリーでお試しできます。

また、Parallelsは、その時々で割引キャンペーンも行っています。Parallelsの最新割引情報は、以下の公式サイトからご確認くださいね。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

目次

Parallels Desktop上のWindowsをUS配列キーボードで使う方法

ステップ1:仮想マシンを起動する

Macメニューバーの Parallels Desktopアイコンをクリックし、[コントロールセンター]を選択します。

仮想マシンを起動します。

ステップ2:[設定]を開く

仮想マシンのスタートメニューかアクションセンターを開いて、[設定]のアイコン(歯車マーク)をクリックします。

ステップ3:[時刻と言語]をクリックする

[設定]が開いたら、[時刻と言語]をクリックします。

ステップ4:[日本語]をクリックする

ウインドウ左側にある[地域と言語]をクリックしたら、ウインドウ右側の[言語]の下にある[日本語]をクリックする

ステップ5:[オプション]をクリックする

[日本語]をクリックするとボタンが表示されます。その中にある[オプション]をクリックします。

ステップ6:[レイアウトを変更する]をクリックする

ハードウェアキーボードレイアウトの変更]というタイトルのダイアログボックスが表示されます。

 

日本語キーボード(106/109キー)]に設定されている場合は、そこをクリックします。

すると、プルダウンメニューが表示されますので、[英語キーボード(101/102キー)]を選択します。

 

その後、[サインアウト]をクリックしてサインアウトし、再度サインインしてください。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

まとめ

この記事では、Parallels Desktop上のWindowsをUS配列キーボードで使う方法について解説しました。

Parallels完全無料のトライアル版があるので、リスクフリーでお試しできます。

また、Parallelsは、その時々で割引キャンペーンも行っています。Parallelsの最新割引情報は、以下の公式サイトからご確認くださいね。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

よかったらシェアしてね!
目次