MENU

Pararells Desktop vs VMWare Fusion! Wat is beter?

  • URLをコピーしました!

Macデバイス上でデバイスの再起動や他のOSへのリブートなしにWindowsを動かすには、仮想マシンソフトを使う必要があります。

そんな仮想化ソフトウェアの中でも、『VMwareFusion』と『ParallelsDesktop』が特に有名です。

 

In dit artikel.VMwareFusionParallelsDesktopの2つについて、

  • パフォーマンス
  • 使いやすさ
  • 機能性

などなど、あらゆる観点から比較し、どちらが優れているのかを解説します。

どちらのソフトを選ぶべきか迷っているなら、この記事をぜひ参考にしてくださいね。

ParallelsNouVolledig gratis proefversiebeschikbaar is, zodat u het risicoloos kunt uitproberen.

Parallels biedt van tijd tot tijd ook kortingsacties aan.Voor de laatste kortingsinformatie over Parallels, bezoek de officiële website opKijk op de volgende links.

↓pijl (teken of symbool)

Klik hier voor de officiële website van Parallels.
*Gratis proefversie is ook hier beschikbaar.

Inhoudsopgave

Pararells DesktopとVMWare Fusionを徹底比較!どっちがいい?

全体像を比較

まずは、VMwareFusionParallelsDesktopの2つで、特に違いがあるポイントについて、比較表を作りましたのでご覧ください。

特徴 VMwareFusion ParallelsDesktop
複数のOSを再起動することなく同時に使用 Intelのみ Intel および Apple M1 チップ
ワンクリックで Windows 10をダウンロードしてインストール X
Ubuntu、Fedora、CentOS、Mintおよび Debian をワンクリックでダウンロード X
OS 間でのコピー & ペースト
WindowsとMacの間でのファイル共有
Windowsアプリケーションの Touch Barコントロール X
高度なセキュリティ設定
X
Windows 10アプリ向けにトラックパットのズームや回転ジェスチャーをサポートします X
geld-terug-garantie 30 dagen 30 dagen
24時間年中無休の電話およびメールでのプレミアムサポート X

この表を見る限りでは、Parallels Desktopの方が、より優れていると言えそうですね。

価格面で比較

次は、価格面での比較です。

ParallelsDesktop

VMwareFusion

gratis versie
geld-terug-garantie 30 dagen 30 dagen
gratis uitproberen (bv. van software, spel, enz.) 14 dagen voor Pro en Business edities. 30 dagen
Nieuwe toepassing

Parallels Desktop 17

– 79.99米ドル/年(10219円)

– 学生:39.99ドル/年(5109円)

Professionele Editie

– 99.99米ドル/年(12773円)

Business Editie

– 99.99米ドル/年(12773円)

いいえ
Nieuwe permanente vergunning

Parallels Desktop 17

– 99.99 米ドル(12773円)

VMware Fusion 12 Player

– 商用利用で149ドル(19034円)

VMware Fusion 12 Pro

– 199ドル(25421円)

VMware Fusion 12 Pro + サポート ベーシック 1年間

– 249ドル(31808円)

 

Upgrade naar eeuwigdurende licentie  49.99ドル (6387円 )
  • 79ドルでPlayerにアップグレード。(10091円)
  • 99ドルでProにアップグレード(12646円)
  • 141ドルで Pro にアップグレード + サポートベーシック1年。(18012円)

Parallels Desktopの場合

Parallelsの料金プランは、1年ごとのサブスクリプション制になっています。

家庭用・学生用の標準ライセンスは年間79.99ドル(10219円)です。

Parallelsのプロおよびビジネスエディションは、99.99 ドル(12773円)/年です。

 

それぞれ、14日間の無料トライアルが用意されているので、自分のニーズに合っているかどうか、プログラムを試してみることができます。

VMWare Fusionの場合

一方、VMware Fusionは1回限りの買い切り料金のみです。

Parallelsのサブスクリプション料金より若干割高ですが、一度ライセンスを取得すれば、永久に使えます。VMware Fusion 12 Playerは、1回の支払いで149ドル(約19034円)です。

 

また、199ドル(約25421円)のプロバージョンもあり、サポートを含むプロバージョンは241ドル(約31808円)となります。VMware Fusionは、ハイパーバイザーをテストするための30日間の無料トライアルも提供しています。

ただし、この2つのうち、個人利用向けに無料のベーシック版を提供しているのはVMware Fusionだけです。

対応しているWindows OSバージョン

Parallels Desktop 17

Parallels は、AppleのMacOSのアップデートに合わせて Parallels Desktop を常にアップデートしています。

今年はMicrosoftからもWindowsのメジャーな新バージョンがリリースされるため、Parallels Desktop 17の最初の仕事は MacOS MontereyとWindows 11の両方の互換性を確保することでした。

Parallels Desktop 17.1 for Macは、Windows 11仮想マシンのサポートを改善し、[将来および過去のすべての Windows 11 VM]に対して仮想信頼プラットフォームモジュール(vTPM)をデフォルトで実装することによって安定性を向上しています。

Parallels 17.1 はまた、ホスト OS として MacOS Monterey を完全にサポートし、M1 Mac上のVMで MacOS Montereyを実行する際のユーザエクスペリエンスを向上させます。

Windows 11の実行にはハードウェアベースのTPMチップが必要なため、古いPCコンピュータとの互換性が制限され、Intel MacではBoot Camp経由で実行することができない。一方、Apple製シリコンを搭載したMacにはBoot Camp機能がなく、ARMベース版のWindows 11はネイティブにサポートされていません。

 

ParallelsはvTPMのデフォルトサポートを導入することで、Intel MacとApple Silicon Macの所有者がARMマシン用のWindows 11のInsider Previewビルドを使用していることを条件に、自動的にWindows 11との互換性を提供します。

バージョン 17.1 では、自動vTPMサポートに加えて、Apple M1 Mac上の MacOS Monterey VM に Parallels Toolsをインストールし、VM とプライマリMacOS 間の統合機能であるコピー&ペーストを使用できるようになりました。また、デフォルトの仮想マシンディスクサイズが32GBから64GBに拡大されました。

Windows以外にも、Linux、Unix、Ubuntu、MacOS ServerなどのOSを仮想マシン上で実行することができます。

VMware Fusion 12

長年、VMWare FusionはParallels Desktop と共に、定期的にアップデートをリリースし、Mac仮想化市場のトップの座を争ってきました。しかし近年、VMWareはペダルから足を離し、Fusionに少し遅れを取らせてしまったようです。

 

VMware Fusionはこの記事を書いている現時点で、Windows 10までしかサポートしていません。ニーズに応じて、Windows、様々なLinuxバージョン、MacOSを実行する仮想マシンを入手することができます。

Fusionの最後のメジャーアップデートは、2020年9月のバージョン12.0でした。しかし、もちろん、それ以来、Macの世界ではかなり多くのことが起こっています – MacOS Montereyや、IntelプロセッサではなくApple Siliconを使用する全く新しい世代のM1 Macの小さな問題などです。

そしてVMWareは今年、Fusionの大幅なアップグレードを行わない予定です。

 

しかし、良いニュースもありました。同社は、Apple Siliconを採用した新しいM1 Mac上で動作するように設計されたFusionの新バージョンの[Public Tech Preview]のリリースを発表したのです。

このプレビューは無償で提供されますが、もちろんプレビューやベータ版のソフトウェアを実行し、重要な仕事のプロジェクトでそれを信頼する場合には注意が必要です。

また、M1 Mac上で動作するParallels Desktopと同様、このM1版のFusionもARM版のWindowsしか動作させることができません。

 

Apple 製の Mac を使用しておらず、Windows 11 にそれほどこだわらないのであれば、VMWareでも良いでしょう。そうでない場合は、Parallels Desktop 17を選択してください。

起動速度で比較

Parallels Desktop 17は、VMware Fusionよりも起動が速く、WindowsとMacのインターフェイスの同期が速いです。

VMware Fusion には直感的なディスク容量最適化ウィザードがないため、実際に必要なディスク容量よりも多くのディスク容量を消費してしまいます。一方、Parallels Desktop 17 for Mac の直感的なウィザードは、ディスクスペースの把握と管理をより良くしてくれます。

そのため、VMwareインターフェースで 50GBを使用するファイルでも、Parallels Desktop 17インターフェースでは 35GB程度しか使用しません。

 

同じコンピュータで2つのOSを実行すると、当然システムリソースに影響が出ますが、Parallels Desktopでは、省エネ設定を最適化して、より個人に合ったパフォーマンスを実現するオプションが用意されています。

また、アプリケーションを実行していないことに気付いた場合、Parallelsは仮想マシンを一時停止します。

 

しかし、Parallels が本当に優れているのはパフォーマンスであり、Windowsを起動する際の起動時間が非常に高速です。

起動時に、Parallels は VMware よりもはるかに高速に動作することがすぐにわかりました。デスクトップが表示されるまで、Parallels は約10秒かかりましたが、VMware はその約2倍の20秒の時間がかかりました。

 

プログラムのシャットダウンについても同じことが言えます。Parallels は約5秒かかりましたが、VMware はその倍近くかかりました。

動作のスムーズさを重視するなら、Parallelsを選ぶ方がより満足できるでしょう。

ゲーム用として比較

ゲーム用の仮想マシンとしてParallels DesktopとVMware Fusionを比較した場合、Parallelsがわずかに優勢で、VMware Fusionよりも高速です。

 

また、Mac上の仮想マシンを使って PCゲームをプレイする場合、グラフィック品質も重要です。

Parallels Desktop 17には新しいディスプレイドライバが搭載されており、2Dグラフィックスのパフォーマンスが約25% 向上しています。

 

VM内のWindowsインターフェースのグラフィックスがより滑らかになり、ビデオや2D ゲームをプレイする際のパフォーマンスも向上しているので、今流行のWindows専用プラットフォームゲームや rogue-like をすべてプレイすることができます。

Apple社のM1プロセッサを搭載したMacでは、MicrosoftのDirectX 11ソフトウェアを使用した場合の3Dグラフィックも 28% 速くなっています。

Parallels Desktop 17 for Mac は、前バージョンと比較して起動時間が短縮されています。アプリ(特に Microsoft Office アプリ)の起動が 80% 速くなり、グラフィックの向上により 3D ゲームの実行速度が 15% 向上しました。Parallels Desktop UIは、これまで以上に高速で応答性が高く、直感的に操作できるようになりました。

 

Parallels では起動とファイル転送が高速化されているため、CPU 関連のタスクや 3D レンダリングを大量に必要とするアプリケーションを実行する場合に最適です。VMwareは、非常にユニークなクロスプラットフォームサポートとレガシー機能も提供しています。

ゲームやグラフィックを多用するアプリケーションに対して、Parallels DesktopはVMware Fusionと同様に DirectX 11グラフィックスをサポートしますが、DirectX 12はサポートしません。

 

スピードは、Parallels Desktop 17 のインストールにだけ残っているわけではありません。全体的にパフォーマンスが大幅に向上しており、仮想デスクトップを使用していることを忘れてしまいそうなほどです。

Parallels Desktop の最新バージョンでは、Windows の実行速度が 38% 向上し、グラフィックパフォーマンスは 2D グラフィックスで 25%、Directx 11 で 28% 向上しています。さらに、Apple M1 ユーザのディスクパフォーマンスは Parallels Desktop 16.5 と比較して 20% 向上しています。

 

Parallelsはグラフィックを多用するゲームをよく動かすことができますが、VMware Fusionも良好なグラフィックを実現し、グラフィックメモリを追加することで、ゲーム体験全体を格上げしているようです。これらの機能のおかげで、VMwareはゲームやグラフィックを多用するアプリを超設定で実行できます。

VMware Fusionは、Apple Metalグラフィックス・テクノロジーを活用した改良型ハードウェアアクセラレーション3Dグラフィックス・エンジンを搭載しており、重いアプリケーションやゲームをスムーズに動作させることができます。

 

アプリケーションのパフォーマンスを向上させるその他の機能としては、WindowsおよびLinuxの仮想マシンにDirectX 10.1およびOpenGLを組み込んでいます。

グラフィックを多用するアプリを実行するつもりなら、Parallelsの方が高速ですが、VMwareも良いソリューションになります。しかし、VM上で他のタスクを実行したいなら、Parallelsを選べば間違いはありません。

使いやすさで比較

使いやすさに関しては、どちらのアプリも素晴らしいです。

インストールから使用まで、ガイドに従って操作すれば問題ありません。これまで仮想Windowsソフトウェアを使ったことがない方でも、簡単に扱えるでしょう。

 

どちらもシンプルで使いやすいですが、Parallels Desktopの操作案内は、VMwareよりも若干優れています。

このガイドでは、設定を調整しなくても、30 分以内に新しいバーチャルマシンをセットアップすることができます。

 

ブラウザ、電子メール、Microsoft Officeプログラムなど、比較的基本的なプログラムやアプリケーションを使用する場合は、Parallelsの方が処理速度が速くおすすめです。

 

サーバ側のアプリケーションを多く開発する場合は、ESXiと簡単に統合できるVMwareの方がおすすめです。

とはいえ、多くのユーザーにとってはソフトウェアを開発しないため、Parallelsの方が使いやすいでしょう。

サポート体制で比較

Parallelsのサブスクリプションプランには無料のカスタマーサポートが含まれており、電子メールまたはウェブサイトのチャット機能で簡単に連絡することができます。

一方、VMware Fusionにはサポートが含まれていません。サポートが必要な場合は、追加費用が発生します。提供されるサポートは、主に大企業向けに設計されており、個人や小規模な企業にとっては、手頃な価格ではないかもしれません。

↓pijl (teken of symbool)

Klik hier voor de officiële website van Parallels.
*Gratis proefversie is ook hier beschikbaar.

samenvatting

Macを完全なWindowsシステムとして使いたい場合、Parallels Desktopは個人および小規模企業ユーザにとって、より優れた選択肢と言えます。

また、M1チップを搭載したMac OSパソコンで Windowsを実行するには、Parallelsを使うしかありません。

VMWareに比べて、Parallelsはより高速な処理速度で、カクカク動きが止まったりするなどのストレスがありません。頻繁にアップデートされて最新のWindowsとMacOSシステムとの互換性を維持しています。

 

サーバ側のアプリケーションを多く開発する場合は、ESXiと簡単に統合できるVMwareの方が向いていますが、多くの個人ユーザーにとっては、Parallelsの方が使いやすいと思います。

以上、この記事が参考になれば幸いです。

ParallelsNouVolledig gratis proefversiebeschikbaar is, zodat u het risicoloos kunt uitproberen.

Parallels biedt van tijd tot tijd ook kortingsacties aan.Voor de laatste kortingsinformatie over Parallels, bezoek de officiële website opKijk op de volgende links.

↓pijl (teken of symbool)

Klik hier voor de officiële website van Parallels.
*Gratis proefversie is ook hier beschikbaar.

Deel het met me als je wilt!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Inhoudsopgave