ParallelsでサポートされているOpenGLのバージョンまとめ

  • URLをコピーしました!

この記事では、Parallels DesktopでサポートされているOpenGLのバージョンについて解説していきます。

Parallels完全無料のトライアル版があるので、リスクフリーでお試しできます。

また、Parallelsは、その時々で割引キャンペーンも行っています。Parallelsの最新割引情報は、以下の公式サイトからご確認くださいね。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

目次

Parallels DesktopでサポートされているOpenGL のバージョンは?

Parallels Desktop 14

Parallels Desktop 14 for Macからは、以下のアプリケーションに対応しています。

  • SketchUp 2017/2018
  • CTvox
  • DIALux 8
  • OriginLab
  • AutoSPRINK 2018
  • DIALux 8.0
  • ON1 Photo RAW
  • GlobalMapper
  • DELFTship
  • Cinebench R15

Parallels Desktop 15

Parallels Desktop 15 for Macからは、以下のアプリケーションのサポートが追加されました。

  • Autodesk ReCap 360
  • Trimble Point Cloud Viewer
  • Allplan 2018
  • Vasco Da Gama 11
  • Vegas Pro 16
  • CYPECAD
  • CYPE 3D
  • PalleteCAD
  • ReefMaster
  • Samsung Action Director
  • Condacam 3.1
  • ProStitcher Premium
  • MegaCAD 3D 2018
  • Photocentric Studio
  •  NTi XL2 Data Explorer

Parallels Desktop 16

Parallels Desktop 16 for Macから、Windows 仮想マシンのOpenGL 3.3 互換性プロファイルのサポートが追加されました。このリリースでは、以下のアプリケーションのサポートが追加されました。

  • DUALux EVO 9
  • Samson Connect
  • ProPresenter 6
  • ClinCheck Pro

Parallels Desktop Engineering チームは、Windows 仮想マシンの OpenGL サポートを向上させるために全力を尽くしています。

現在、Windows VMでは OpenGL互換性プロファイル(バージョン 3.3)のみがサポートされています。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

まとめ

この記事では、Parallels DesktopでサポートされているOpenGL のバージョンについて解説しました。

Parallels完全無料のトライアル版があるので、リスクフリーでお試しできます。

また、Parallelsは、その時々で割引キャンペーンも行っています。Parallelsの最新割引情報は、以下の公式サイトからご確認くださいね。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる