Parallels DesktopでWindows11の日本語入力を設定する方法

  • URLをコピーしました!

この記事では、Parallels DesktopでWindows11の日本語入力を設定する方法について解説していきます。

Parallels完全無料のトライアル版があるので、リスクフリーでお試しできます。

また、Parallelsは、その時々で割引キャンペーンも行っています。Parallelsの最新割引情報は、以下の公式サイトからご確認くださいね。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

目次

Parallels DesktopでWindows11の日本語入力を設定する方法

仮想マシンを起動する

Macメニューバーの Parallels Desktopアイコンをクリックし、[コントロールセンター]を選択します。

仮想マシンを起動します。

[設定]を開く

[スタート]ボタンをクリックし、[設定]の順にクリックします。

[時刻と言語]をクリックする

[時刻と言語]をクリックします。

[時刻と言語]が表示されていない場合は、[設定]の左にある[ナビゲーションを開く](ナビゲーションを開く)→[時刻と言語]の順にクリックします。

[入力]をクリックする

[時刻と言語]と表示されます。[入力]をクリックします。

[キーボードの詳細設定]をクリックする

[キーボードの詳細設定]をクリックします。

既定に設定する言語をクリックする

[既定の入力方式の上書き]と表示されます。[プルダウン]をクリックします。

[プルダウン]をクリックし、表示されるメニューから[日本語 – Microsoft IME]や[日本語 – ATOK]など、既定に設定する言語をクリックします。

ATOKの表示は、[ATOK(PC)]や[ATOK2017]など、インストールされているATOKのバージョンによって異なります。

言語バーを表示したい場合は、[入力方式の切り替え]にある[使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する]をクリックし、チェックを付けます。

これで、Windows11の日本語入力を設定が完了です。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

まとめ

この記事では、Parallels DesktopでWindows11の日本語入力を設定する方法について解説しました。

Parallels完全無料のトライアル版があるので、リスクフリーでお試しできます。

また、Parallelsは、その時々で割引キャンペーンも行っています。Parallelsの最新割引情報は、以下の公式サイトからご確認くださいね。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる