Pararells DesktopとVirtualBoxを徹底比較!どっちがいい?

Macデバイス上でデバイスの再起動や他のOSへのリブートなしにWindowsを動かすには、仮想マシンソフトを使う必要があります。

そんな仮想化ソフトウェアの中でも、『Virtualbox』と『ParallelsDesktop』が特に有名です。

 

この記事では、VirtualboxParallelsDesktopの2つについて、

  • パフォーマンス
  • 使いやすさ
  • 機能性

などなど、あらゆる観点から比較し、どちらが優れているのかを解説します。

どちらのソフトを選ぶべきか迷っているなら、この記事をぜひ参考にしてくださいね。

Parallels完全無料のトライアル版があるので、リスクフリーでお試しできます。

また、Parallelsは、その時々で割引キャンペーンも行っています。Parallelsの最新割引情報は、以下の公式サイトからご確認くださいね。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

目次

Pararells DesktopとVirtualBoxを徹底比較!どっちがいい?

全体像を比較

まずは、VirtualboxParallelsDesktopの2つで、特に違いがあるポイントについて、比較表を作りましたのでご覧ください。

機能 Virtualbox Parallels Desktop
複数のオペレーティングシステム(OS)を実行 Intelのみ IntelおよびApple M1チップ
独立した環境でソフトウェアをテスト
Windows を実行する VM を作成
VM のセットアップと構成
VM の状態を保存
ゲスト OS のドライバーを自動的にインストール
プロファイルとアプリケーションを共有
インストールアシスタント
ワンクリックで Windows 10 をダウンロードしてインストール
特別な設定を必要としない Retina ディスプレイのサポート
技術サポート

この表を見る限りでは、Parallels Desktopの方が、より優れていると言えそうですね。

価格面で比較

次は、価格面での比較です。

Parallels Desktop  VirtualBox Fusion
無料版
返金保証 X
料金

Parallels Desktop 17

– 79.99米ドル/年(10219円)

– 学生:39.99ドル/年(5109円)

プロフェッショナル版

– 99.99米ドル/年(12773円)

ビジネスエディション

– 99.99米ドル/年(12773円)

新規永久ライセンス

Parallels Desktop 17

– 99.99 米ドル(12773円)

指定ユーザー1人あたり50ドル+ソフトウェアアップデートライセンスとテクニカルサポートに11ドル(1年目)

永久 – ソケット 1,000ドル/ソケット ソフトウェアアップデートライセンスとテクニカルサポートに220ドル(1年目)

Parallels Desktopの場合

Parallelsの料金プランは、1年ごとのサブスクリプション制になっています。

家庭用・学生用の標準ライセンスは年間79.99ドル(10219円)です。Parallelsのプロおよびビジネスエディションは、99.99 ドル(12773円)/年です。

それぞれ、14日間の無料トライアルが用意されているので、自分のニーズに合っているかどうか、プログラムを試してみることができます。

VirtualBOXの場合

Oracle VM VirtualBoxは、個人ユーザーには無料で利用できる技術ですが、ビジネスユースには1ユーザーあたり50ドルからライセンスを提供することができます。 無料版は、企業が購入前に試用するために利用することができます。

インストール手順の簡単さで比較

ソフトウェア会社は、インストールプロセスが管理しやすいほど、ソフトウェアを購入し使用してくれる可能性が高くなることを知っています。そのため、ParallelsとVirtualBoxはデスクトップのセットアップを簡素化しています。

Parallelsは、2つのソフトウェアのうち、よりわかりやすいセットアップシステムを持っています。同社は、ユーザーにステップバイステップのインストールを提供しており、これは非常にシンプルで簡単です。

各ステップで、次のステップを選択するか、スキップするかを選択できます。これは、全体のインストールプロセスを非常に簡単にするのに役立ちます。

セットアッププロセスでは、あなたがカスタマイズすることができるようになります様々なオプションが与えられます。Parallelsをゲーム用に最適化したり、生産性向上のために最適化したりすることが、簡単かつ自動的にできます。

 

VirtualBoxもインストールとセットアップが簡単です。仮想マシンを作成し、WindowsやLinuxなどのオペレーティングシステムを選択することができます。

VirtualBoxは、セットアップ中にシステム設定、メモリとビデオメモリを変更するオプションを提供します。好きなオプションを選択したら、ISOファイル、USB、インストールディスクのいずれかを使ってオペレーティングシステムのインストールを実行することができます。

どちらのシステムもインストールは簡単ですが、Parallelsは包括的なガイドがあり、ステップバイステップのプロセスでインストールを案内してくれるので、若干使い勝手がよいです。

使いやすさで比較

Virtualboxは非常に基本的なもので、Parallelsはより優れたソフトウェアで、簡単にファイルを転送することができるようになります。また、システムの起動が速くなり、バッテリ寿命も節約できます。

ParallelsとVirtualboxのどちらも、複数のオペレーティングシステムを実行し、分離した環境でソフトウェアをテストすることができます。また、VM のセットアップ、設定、保存も可能です。しかし、Parallels の方がより多くの機能を備えているため、類似点はそれだけではありません。

Parallels では、ゲスト OS ドライバを自動的にインストールし、プロファイルとアプリケーションを共有することができます。また、便利なアシスタントをインストールすることができ、必要なときにいつでもテクニカルサポートを利用することができます。

 

どちらもシンプルで使いやすいですが、Parallels Desktopの操作方法は、Virtualboxよりも若干優れています。このガイドでは、設定を調整しなくても、30 分以内に新しいバーチャルマシンをセットアップすることができます。

ブラウザ、電子メール、Microsoft Officeプログラムなど、比較的基本的なプログラムやアプリケーションを使用する場合は、Parallelsの方が処理速度が速くおすすめです。

起動速度で比較

Parallels は、VirtualBoxよりも高速に起動し、ファイル転送も高速です。VirtualBoxのように、使用中に余分なバッテリーを消費することもありません。Parallels は、Dockから直接すべてのWindowsプログラムにアクセスできるため、使い勝手が非常に優れています。

VirtualBox ではこのようなことはできません。代わりに、仮想マシンを開いて VirtualBox内のアプリケーションにアクセスする必要があります。

 

Parallels が本当に優れているのはパフォーマンスであり、Windowsを起動する際の起動時間が非常に高速です。

起動時に、Parallels は VirtualBoxよりもはるかに高速に動作することがすぐにわかりました。デスクトップが表示されるまで、Parallels は約10秒かかりました。

動作のスムーズさを重視するなら、Parallelsを選ぶ方がより満足できるでしょう。

対応しているWindows OSバージョンで比較

Parallels Desktop 17

Parallels は、AppleのMacOSのアップデートに合わせて Parallels Desktop を常にアップデートしています。

今年はMicrosoftからもWindowsのメジャーな新バージョンがリリースされるため、Parallels Desktop 17の最初の仕事は MacOS MontereyとWindows 11の両方の互換性を確保することでした。

Parallels Desktop 17.1 for Macは、Windows 11仮想マシンのサポートを改善し、[将来および過去のすべての Windows 11 VM]に対して仮想信頼プラットフォームモジュール(vTPM)をデフォルトで実装することによって安定性を向上しています。

Parallels 17.1 はまた、ホスト OS として MacOS Monterey を完全にサポートし、M1 Mac上のVMで MacOS Montereyを実行する際のユーザエクスペリエンスを向上させます。

 

Windows 11の実行にはハードウェアベースのTPMチップが必要なため、古いPCコンピュータとの互換性が制限され、Intel MacではBoot Camp経由で実行することができない。一方、Apple製シリコンを搭載したMacにはBoot Camp機能がなく、ARMベース版のWindows 11はネイティブにサポートされていません。

ParallelsはvTPMのデフォルトサポートを導入することで、Intel MacとApple Silicon Macの所有者がARMマシン用のWindows 11のInsider Previewビルドを使用していることを条件に、自動的にWindows 11との互換性を提供します。

バージョン 17.1 では、自動vTPMサポートに加えて、Apple M1 Mac上の MacOS Monterey VMにParallels Toolsをインストールし、VM とプライマリMacOS 間の統合機能であるコピー&ペーストを使用できるようになりました。また、デフォルトの仮想マシンディスクサイズが32GBから64GBに拡大されました。

Windows以外にも、Linux、Unix、Ubuntu、MacOS ServerなどのOSを仮想マシン上で実行することができます。

VirtualBox6.1

 Oracleはフリーの仮想PC作成・実行ソフト[Oracle VM VirtualBox]v6.1.0を公開しました。

 [VirtualBox 6.1]では、“Oracle Cloud Infrastructure”との連携を強化。仮想マシンのインポート対応が実装されたほか、エクスポート対応が強化され、再アップロードせずに複数の仮想マシンを作成できるようになりました。より効率的な“準仮想化(paravirtialized)”や自由にタグをつけてクラウドイメージを識別できるようにする機能もサポートされています。

 さらに、仮想化機能においてはIntel製CPU(第5世代、コードネーム“Broadwell”以降)でネストされたハードウェア仮想化がサポートされました。[VirtualBox 6.0]で非推奨となった古いスタイルの3D対応(VBoxVGA)が削除され、新しいスタイルの3D対応(VBoxSVGAおよびVMSVGA)が必須となったのも大きなトピックといえます。

 

EFIではAppleの“APFS”ファイルシステムからの起動や、[Mac OS X]で作成された非標準のSATA/NVMeブートデバイスパスがサポートされました。

 また、ユーザーインターフェイス面での改善も多岐にわたる。マネージャー画面の仮想マシン一覧が一新され、マシングループが見やすくなったほか、仮想マシンの検索機能が強化された。仮想マシンが多くなってリストのスクロールが必要になっても、[ツール]エントリが常に表示されるように“ピン留め”する機能が導入されました。

ステータスバーのCPUインジケーターに仮想マシンのCPU負荷が表示されるようになったほか、設定・詳細画面の改善も施されています。

[Oracle VM VirtualBox]は、デスクトップでx86ベースシステムの仮想マシンを複数作成・実行できるソフトです。

オープンソースで開発されており、Windows、Mac、Linux、Solarisが公式にサポートされています。[VirtualBox 6]システムは64bitのホストOSでのみ動作します。32bit版OSでは[VirtualBox 5.2]系統を利用する必要があります。

サポート体制で比較

Parallels Desktop は、Facebookのチャットおよびtwitterのサポートでお問い合わせいただけます。

Parallels Desktop は、電話、Facebook サポートでのチャット、メールによる日本語サポートが受けられます。Parallelsのサポートサービスは、VirtualBoxよりもはるかに優れています。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

まとめ

Parallels DesktopとVirtualBoxのどちらをダウンロードするかは、個人の好みと、そのソフトウェアを何に使用する予定かによります。単にMac上でお気に入りのWindowsアプリを実行できる基本的なソフトウェアをお探しなら、VirtualBoxがあれば十分かもしれません。

しかし、CPUに関する機能が必要な場合や、ゲームアプリなどのグラフィックソフトを使用する場合は、Parallels Desktopが最適な選択肢となります。

 

また、Parallels Desktopは非常にプロフェッショナルなソフトウェアであり、使い方は簡単です。

Parallels Desktopはユーザーフレンドリーなインターフェースで最後までガイドしてくれますし、万が一行き詰まった場合はカスタマーサポートを利用できます。

VirtualBoxよりも優れた機能を備えているため、ホームユーザーにとって最適なソリューションです。どちらのソフトウェアも、異なる OS を実行するために別のマシンを持つことを望まない人にとって、優れたソリューションとなるでしょう。

以上、この記事が参考になれば幸いです。

Parallels完全無料のトライアル版があるので、リスクフリーでお試しできます。

また、Parallelsは、その時々で割引キャンペーンも行っています。Parallelsの最新割引情報は、以下の公式サイトからご確認くださいね。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

よかったらシェアしてね!
目次