ParallelsでWindowsにDockerをインストールする方法

  • URLをコピーしました!

この記事では、Parallels DesktopでWindowsの仮想マシンにDockerをインストールする方法について解説していきます。

Parallels完全無料のトライアル版があるので、リスクフリーでお試しできます。

また、Parallelsは、その時々で割引キャンペーンも行っています。Parallelsの最新割引情報は、以下の公式サイトからご確認くださいね。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

目次

ParallelsでWindowsの仮想マシンにDockerをインストールする方法

仮想マシンを起動する

インストールが完了したら、Macメニューバーの Parallels Desktopアイコンをクリックし、[コントロールセンター]を選択します。

仮想マシンを起動します。

Docker Desktop for Windowsをダウンロードする

Dockerのサイトにアクセスし、[Docker Desktop for Windows]をクリックします。

[Docker Desktop for Windows]をクリックし、ダウンロードします。

[OK]ボタンをクリックする

ダウンロードが終わったら、ファイルをダブルクリックし、インストーラーを起動します。

Configuration画面が表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

インストールが開始します。

インストールが完了したら[Close]ボタンをクリックする

Docker Desktopの起動確認する

デスクトップに作成されたDocker Desktopアイコンをダブルクリックし、Docker Desktopを起動してみます。

エラーが発生した場合は、ParallelsのWindows 10仮想マシンの設定画面からネストされた仮想化を有効にする必要があります。

ParallelsのWindows 10仮想マシンの設定画面からネストされた仮想化を有効にする

ステップ1:Parallels Desktopアプリケーションを起動する

Macメニューバーの Parallelsアイコンをクリックし、[コントロールセンター]を選択します。

Parallels Desktop コントロールセンターが表示されます。

ステップ2:[歯車]アイコンをクリックする

インストールされている仮想マシンはここに表示されます。

起動すると、コントロールセンターが表示されます。ハードディスクの容量を変更したい仮想マシンの[歯車]アイコンをクリックします。

ステップ3:[ハードウェア]をクリックする

設定画面が表示されるので上部の[ハードウェア]をクリックします。

[CPUおよびメモリ]をクリックする

[CPUおよびメモリ]の[詳細]ボタンをクリックし、[ネストされた仮想化を有効にする]にチェックを入れる

[CPUおよびメモリ]の[詳細]ボタンをクリックし、[ネストされた仮想化を有効にする]にチェックを入れます。

[ネストされた仮想化を有効にする]にチェックを入れ、OKをクリックします。

Windows10仮想マシンを起動し、、再度Dockerを起動してみる

Windows10仮想マシンを起動し、、再度Dockerを起動してみます。

今度は無事起動しました。

これで、ParallelsのWindows仮想マシンへのDockerのインストールは完了です。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

まとめ

この記事では、Parallels DesktopでWindowsの仮想マシンにDockerをインストールする方法について解説しました。

Parallels完全無料のトライアル版があるので、リスクフリーでお試しできます。

また、Parallelsは、その時々で割引キャンペーンも行っています。Parallelsの最新割引情報は、以下の公式サイトからご確認くださいね。

Parallels公式サイトはこちら
※無料お試しもこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる